Home 化学系薬学部会賞

平成30年度 日本薬学会化学系薬学部会賞候補者の推薦について

平成30年度日本薬学会化学系薬学部会賞候補者の推薦について

日本薬学会化学系薬学部会では、優れた研究成果に、日本薬学会化学系薬学部会賞を授与します。つきましては、受賞候補者を下記の要領で募集いたしますので、ご推薦ください。

1. 賞の名称:化学系薬学部会賞

2. 資格・授賞対象者

平成30年4月1日に満45歳未満で、5年以上継続して日本薬学会の会員であり、有機化学の基礎および応用に関し、めざましい研究業績をあげ、今後の活躍が国内外から期待される研究者。なお、課題研究内容の一部が“Chemical and Pharmaceutical Bulletin”に掲載(受理も可)された実績と「反応と合成の進歩シンポジウム」での発表実績がある者。ただし、平成30年度の薬学会奨励賞及び学術振興賞受賞候補者は授賞対象から除外する。また、薬学会奨励賞あるいは学術振興賞の受賞者にあっては、その授賞対象の主要部分が重複する場合は授賞対象から除外する。

3. 推薦方法

推薦者は以下の書類を所定の書式で作成し、部会長宛に電子メールで提出する。
1) 推薦書:表紙に推薦者の氏名(自薦を含む)、所属、職、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)を明記し、さらに候補者の氏名、所属、職、連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)、生年月日、日本薬学会会員番号、大学入学以後の学歴•職歴・受賞歴、および研究課題名を記載

2) 推薦理由書:2000字以内で研究内容を記載

3) 業績リスト(2008年以降に発表した研究課題に関するものに限定する)

→部会所定様式のダウンロードはこちら

4. 授賞人数:2名程度

5. 推薦締切日:平成30年3月日()必着

6. 受賞者の決定:平成30年5月 

7. 授賞式・受賞講演

第44回反応と合成の進歩シンポジウム(平成30年11月5日~11月6日、

熊本市にて開催予定)にて行う。

8. 表彰:表彰楯を贈呈する。

9. 問合先・推薦書類送付先

化学系薬学部会長 向 智里

E-mail このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

平成29年度日本薬学会化学系薬学部会賞受賞者

平成29年度日本薬学会化学系薬学部会賞受賞者

森本 功治

(立命館大学薬学部)

「ヘテロ原子を有する芳香族化合物類の革新的なメタルフリー酸化的結合形成」

重永 章

徳島大学大学院医歯薬学研究部)

「アミド結合切断反応を基盤とした生命科学指向型ツールの開発」